menu

STAFF INFORMATION

循環器内科医師 髙瀬 哲郎

循環器内科医師 髙瀬 哲郎

私たちは、どんなに緊迫した状況であっても常に頭を冷静に保ち、最善の判断をしていかなければなりません。1分1秒、どれだけ早く処置できるかに患者さんの命が懸かっています。ほんの数秒の判断で人の人生に大きな影響を与える仕事だからこそ、知識と技術の多さは追求し続けなければならないと思っています。だから私は、PCIと不整脈のどちらも専門とする道を選びました。もちろんそのためには2倍の努力が必要です。

でも、人間にはそのポテンシャルがあると思います。チャレンジをやめれば、成長はそこまで。学べば学ぶだけ手術や治療の選択肢も増えますし、アイデアも広がります。だから、より患者さんの状態に合わせた対応がスピーディーに行えるのです。自分に限界を設けずやってきたことで、心臓だけでなく血管まですべて専門だと言えるようになりました。もっともっと学び続けて、新しいカテーテルの方法を考えるなど積極的に自分のアイデアを発信していきたいですね。自分の成長を楽しみながら、医療のさらなる進歩に役立っていけたら嬉しいです。

循環器内科医師 髙瀬 哲郎

成長したい意欲を閉じ込めず、
一緒に行動に移していきましょう

都内でも随一の件数を持つ綾瀬循環器病院では、若手のうちから執刀医や主治医として経験を積めるチャンスがたくさんあります。様々な専門を持った医師が集まっているので、今あなたが想像している以上に幅広く学ぶことができる環境です。救急医療やカテーテルに興味のある方、早く成長したいという方にはぜひここに来て欲しいと思っています。私が持っているものは全部、教えますから!成長したい意欲を閉じ込めず、一緒に行動に移していきましょう。

循環器内科医師の募集要項をみる
循環器内科医師の募集要項をみる

OTHER STAFF

MESSAGE

医療は、受診者と診療者とが人格的に対等な立場で互いに協力し、
信頼関係をつくり合うことが大前提です。
当院は、開設以来、基本理念「医人とその心」を診療の現場で日常化、
習慣化すべく、心血を注いで参りました。今後とも変わることのない目標です。
医療の不確実性、限界性とは、病気というリスクを抱えている人(患者さん)が対象であること、
そして人は完全無欠ではないことから発しています。
最良、最善の医療を日々一歩一歩進めてまいります。

Entryはこちら