menu

STAFF INFORMATION

薬剤師 高城 亜起子

薬剤師 高城 亜起子

総合病院の内科で勤務していたときに、最も知識を試されたのが循環器の薬でした。まだまだ勉強しなければならない世界が広がっていることを痛感し、薬剤師としてスキルアップするために循環器を専門にする病院へ移ることを決めました。

ここは医師もみなさん気さくで、薬について気軽に質問・相談できる職場です。医師から「薬の提案をしてほしい」と頼まれることもあります。考えていた以上に循環器の薬の知識を身に付けることができると同時に、薬剤師として信頼されていることを実感します。もちろんそのためには、日々勉強して薬や病気への知識を増やし続けなければなりません。また、患者さんの状態をカルテ上でいつでも把握できるので、処方内容をより深く理解することができます。医療と密接に関わりたい方にはとても良い勉強になりますよ。

今は後輩を育てる立場にもなり、総合病院で学んできたことやここで培った経験を活かして、信頼される薬剤師の育成にも力を入れています。注意をするときには、なぜそれが良くなかったのかを丁寧に説明し、改善へのアドバイスも加えながら指導します。また、失敗して落ち込んでいるときには、仕事終わりに食事に誘ってゆっくり話をすることも。指摘するだけでなく、メンタルケアもバランスをよく大事にすることで、成長する気持ちを応援したいと思っています。

薬剤師 高城 亜起子

知りたい!勉強したい!という
意欲がある方には最適な環境

今後は、働きやすい環境づくりや若手のレベルアップに向け、薬剤師の業務管理や教育面に力を注いでいきたいと考えています。病院側からのサポートも厚く、勉強会や認定薬剤師の資格取得を推奨してくれていますので、薬剤師同士もサポートし合いながら資格取得をバックアップします。いろいろなことを知りたい!勉強したい!という方には、十分その希望が叶えられる病院だと思います。

薬剤師の募集要項をみる
薬剤師の募集要項をみる

OTHER STAFF

MESSAGE

医療は、受診者と診療者とが人格的に対等な立場で互いに協力し、
信頼関係をつくり合うことが大前提です。
当院は、開設以来、基本理念「医人とその心」を診療の現場で日常化、
習慣化すべく、心血を注いで参りました。今後とも変わることのない目標です。
医療の不確実性、限界性とは、病気というリスクを抱えている人(患者さん)が対象であること、
そして人は完全無欠ではないことから発しています。
最良、最善の医療を日々一歩一歩進めてまいります。

Entryはこちら