menu

STAFF INFORMATION

栄養科 栄養士 井原園美

管理栄養士 井原 園美

綾瀬循環器病院は専門性が高いだけでなく、手術直後からリハビリ期まで様々な患者さんがいる病院です。ここなら、管理栄養士としてもっと「生きること」をサポートする仕事ができ、食事の大切さを伝えることができると思い、勤めていた高齢者福祉施設から転職してきました。

重態の患者さんも多く、会話が困難な方もいらっしゃいます。それでも、「食べてもらうことは治療のひとつ」「回復の力になる」ということを伝え、患者さんにとってどれだけ食事が大切であるかをしっかり説明します。特に手術後すぐは、不安を抱え食欲の出ない患者さんも多いので、どうしたら食べることに前向きになってもらえるかを考えることも管理栄養士の重要な使命だと思っています。クリスマスやバレンタインデーといった日には、イベントにちなんだ献立にして食事への楽しみを感じてもらえるようにするなど、日々試行錯誤が欠かせません。医師や看護師と連携をとりながら、患者さんの身体と心に寄り添った栄養指導を続けていきます。

管理栄養士 井原 園美

二人三脚で、病状回復・体質改善に
取り組んでいきたいと思います。

管理栄養士は、食事を通して患者さんの回復を促す役割を担っています。そのためには、限られた時間のなかでもいかに一人ひとりの患者さんと向き合うかが重要です。この仕事は、患者さんが食事の大切さに改めて気付くきっかけをつくり、その後の人生をより健康で充実したものにすることができると信じています。患者さんが感じている普段の食事や病院食への疑問や要望を引き出すことで回復をサポートし、患者さんやご家族と二人三脚で、食事面からの病状回復、体質改善に取り組んでいきたいと思います。

管理栄養士の募集要項をみる
管理栄養士の募集要項をみる

OTHER STAFF

MESSAGE

医療は、受診者と診療者とが人格的に対等な立場で互いに協力し、
信頼関係をつくり合うことが大前提です。
当院は、開設以来、基本理念「医人とその心」を診療の現場で日常化、
習慣化すべく、心血を注いで参りました。今後とも変わることのない目標です。
医療の不確実性、限界性とは、病気というリスクを抱えている人(患者さん)が対象であること、
そして人は完全無欠ではないことから発しています。
最良、最善の医療を日々一歩一歩進めてまいります。

Entryはこちら